Theatre Project Si これまでの公演



コンサート『水の表情』

2015年7月開催
特設ページはこちら

Theatre Project Si 関根勝退官記念公演 『Act of Betrayal 裏切り行為』

2014年3月開催
特設ページはこちら

Theatre Project Si 特別公演 新作現代能 『骨の夢』

2012年10月開催
特設ページはこちら

Theatre Project Si 第6弾公演 『マクベス』

マクベス名古屋
▲名古屋公演
マクベス京都
▲京都公演
マクベス東京
▲東京公演
 [ 期間 ] 2010.10.11 - 28
  〈 ※名古屋公演 10.11 〉
    あいちトリエンナーレ2010参加企画 狂言共同社ほか主催
    音楽劇 Ver. (@愛知芸術文化センター)
  〈 ※京都公演 10.14 〉音楽劇 Ver. (@京都コンサートホール)
  〈 ※東京公演 10.26-28 〉能舞台 Ver. (@国立能楽堂)

 [ 出演 ]
 新城龍之介(マクベス):佐藤 融
 西城忠義(バンクォー):佐藤友彦
 東城覚之新(マクダフ):井上靖浩
 鮎(マクベス夫人):土田聡子
 本城宗厳(ダンカン):善竹忠重〈京都・東京〉/鷲見政行〈名古屋〉
 門番:野村小三郎
 大泉守正義/柘植三郎:茂山良暢
 魔女1:伊藤貴之〈名古屋・京都〉、善竹忠亮〈東京〉
 魔女2:増原英也
 魔女3:吉川健一〈名古屋・京都〉、牟田素之〈東京〉

 大鼓:大倉正之助〈東京〉
 パイプオルガン:ジャン・モノー Jean Baptiste Monnot〈名古屋・京都〉
 和太鼓:谷口卓也〈名古屋・京都〉

 作曲(オルガン曲):ジャン・ギユー Jean Guillou
 アリア作曲/音楽監修:石川潤一
 音楽アドバイザー:吉田亮一
 音楽コーディネーター:小林 功
 衣裳:吉田 恒(吉田装束店)
 ヘア&メイク:山崎健志
 舞台収録:吉越研
 宣伝美術(絵画):小池真奈美
 宣伝美術(デザイン):石川俊介
 プロデュース:川橋範子  

Theatre Project Si 第5弾公演 『ロミオ&ジュリエット』

ロミオ&ジュリエットおもて
 [ 期間 ] 2010.5.28 - 6.5
 [ 出演 ]
 鈴木大介(ロミオ):善竹忠重  松山鮎(ジュリエット):土田聡子
 松山義家:畠山 茂  坂本義仲:吉川健一
 かえで:北澤 幸
 竹本大膳:茂山良暢  青山十郎:牟田素之
 実相院:佐藤友彦/善竹忠重
 琴:青木麻衣子
 チェンバロ:小林 功
 後見:今井規雄・石川俊介

 作曲:石川潤一
 音楽アドバイザー:吉田亮一
 衣裳:キヨシ・ヤマモト
 ヘア&メイク:山崎健志
 舞台収録:吉越研
 演出助手:牟田素之
 宣伝美術(絵画):小池真奈美
 宣伝美術(デザイン):石川俊介
 プロデュース:川橋範子

Theatre Project Si 第4弾公演 『フォルスタッフ』

フォルスタッフおもて
 [ 期間 ] 2009.11.8 - 11.13
 [ 出演 ]
 法螺吹衛門 : 善竹十郎《病気により代演:牟田素之》
 松山義家:善竹忠重  鈴木大膳:井上靖浩
 三好宗和:善竹忠亮  鮎:土田聡子
 椿:北澤 幸  かえで:まごいずみ
 小町:上泉小夜  後見:前川吉也・今井規雄・石川俊介
 尺八: 青木彰時/小林静純
 カホーン:オザザ

 作曲:石川潤一
 衣裳: 吉田装束店
 ヘア&メイク:山崎健志
 お面製作:小池真奈美
 舞台収録:吉越研
 演出助手:牟田素之
 宣伝美術:石川俊介
 原作:W.シェイクスピア「ウィンザーの陽気な女房達」「ヘンリーIV世 第1部」より
 プロデュース:川橋範子


Theatre Project Si 第3弾公演 『オセロ』

オセロおもて
 [ 期間 ] 2009.6.4 - 6.20
 [ 出演 ]
 オセロ:善竹富太郎(大蔵流狂言師)
 デズデモーナ:土田聡子(二期会・ソプラノ)
 イヤーゴ:善竹忠亮(大蔵流狂言師)
 領主:茂山良暢/牟田素之  父/叔父:佐藤友彦
 ロデリーゴ:佐藤融  カシオ:井上靖浩
 エミーリア:北澤幸  ビアンカ:塚原佳奈
 大鼓:亀井実 (葛野流大鼓方)
 トランペット:岡崎耕二(東京都交響楽団首席)

 作曲:石川潤一
 衣裳:山本基代志(オートクチュール・コスタブランカ)
 ヘア&メイク:我妻淳子
 舞台収録:吉越研
 プロデュース:川橋範子


Theatre Project Si 第2弾公演 『リア王』

 [ 期間 ] 2008.11.11 - 11.21
 [ 出演 ]
 善竹忠重【リア王=殿 /大蔵流狂言師】
 井上菊次郎【グロスター公=越前守 /和泉流狂言師】
 小山陽二郎【道化 /藤原歌劇団・テノール】
 大倉正之助【大倉流大鼓方】
 土田聡子、佐藤融、井上靖浩、善竹忠亮、オザザ(ジャンベ)
 岡村和彦、前川吉也、牟田素之、稲垣直

 作曲:石川潤一
 衣装:吉田装束店
 ヘア&メイク:我妻淳子
 舞台収録:吉越研
 プロデュース:川橋範子


Theatre Project Si 第1弾公演 『ハムレット』

 [ 期間 ] 2008.6.13 - 6.24
 [ 出演 ]
 善竹忠亮【ハムレット=忠亮 /大蔵流狂言師】
 土田聡子【オフィーリア=鮎姫 /二期会・ソプラノ】
 善竹忠重、善竹十郎、善竹富太郎、善竹大二郎
 オザザ(ジャンベ)
 ローマKyogen一座(ルーカ・モレッティ、パミーナ・ボウ、エリック・マッキーヴァー)

 作曲:石川潤一
 衣装:吉田装束店
 舞台収録:吉越研
 プロデュース:川橋範子



Theatre Project Si プロデュース公演


2008.7

 [ 演目 ] オペラガーラ『シェイクスピアとオペラ』
 [ 期間 ] 7.10   [ 会場 ] 津田ホール
 [ 出演 ] 土田聡子(ソプラノ)、小山陽二郎(テノール)、牧野真由美(メゾソプラノ)、増原英也(バリトン)、甚目裕夫(ピアノ・構成)、鈴木国男(解説) ほか
 [ 主催 ] 国際芸術文化マネジメント株式会社
『ハムレット』『リア王』との連動企画として、シェイクスピアを原作にしたオペラ作品を特集したオペラガーラ公演を企画。「ロミオとジュリエット」原作の3作品の聴き比べや、ヴェルディのオペラ「オテロ」「マクベス」「フォルスタッフ」から選曲。※イントロダクションとして、『ハムレット』より「愛のアリア」を土田聡子が石川潤一のピアノ伴奏付きVer.で演奏。



Theatre Project Si…に至るまでの歴史


2004

 [ 演目 ] 『酔っ払いの仕返し』
 [ 期間 ] 8.25 - 9.04
 [ 出演 ] ローマKyogen一座
ローマ大学日本語学科特殊ゼミに参加した6人の学生とローマKyogen一座を結成。
シェイクスピアの『十二夜』をベースに『酔っ払いの仕返し』を関根勝が翻案。
イタリア・ローマで4月に初演、その後日本ツアーを行う。国立能楽堂・こしがや能楽堂の公演では、早稲田大学テーマカレッジの学生達が関根勝の翻案狂言『若旦那の博打』で友情出演した。

2005

 [ 演目 ] 『恋の骨折り』 『酔っ払いの仕返し』
 [ 期間 ] 9.19 - 9.28
 [ 出演 ] ローマKyogen一座
関根勝作・演出の創作喜劇『恋の骨折り』を加え、イタリア・ローマで4月に初演。
その後、福岡大濠公園能楽堂、名古屋能楽堂、国立能楽堂など全国能楽堂ツアー。

2007.6

 [ 演目 ] 『喜劇の祭典:狂言とコンメディア・デッラルテ』
 [ 期間 ] 6.21 - 6.30
 [ 出演 ] 【いたち】善竹十郎、善竹富太郎、善竹大二郎、ローマKyogen一座(ルーカ・モレッティ、サルバトーレ・マッラ 【Bilora】ミラノ・アルセナーレ劇団 【濯ぎ川】善竹忠重、茂山あきら、善竹忠亮
ミラノ在住30年の日本人演出家・井田邦明氏が率いるミラノ・アルセナーレ劇団による、ルザンテ喜劇『Bilora』(イタリア語)、大蔵流狂言師による狂言『濯ぎ川』、関根勝作・演出の翻案狂言『いたち』を上演。
『いたち』にはローマKyogen一座からルーカ・モレッティとサルバトーレ・マッラが参加し、大蔵流狂言師 善竹十郎一家と競演。
※イタリア文化会館主催《 Primavera Italiana 》参加

2007.9

[ 演目 ] 『恋の戯れ』
[ 期間 ] 9.07 - 9.24
[ 出演 ] 善竹忠亮、ローマKyogen一座(パミーナ・ボウ、ヴァレリア・バッカ)

関根勝作・演出の創作喜劇。(尾張の若殿と、漂着した南蛮の姫2人の喜劇。)名古屋港イタリア村 テアトロ・デル・マーレにおいて1ヶ月間上演。

トップへ

copyright(C) 2007-2008 by Theatre Project Si. All rights reserved.