Theatre Project Siとは

ローマKyogen一座の翻案・演出を手がけてきた早稲田大学国際教養学術院教授 関根勝が立ち上げた、実験演劇プロジェクト。
'Si'(英語のYes)には演劇を通じ、積極的に文化融合の実験舞台を継続する強い意思が表されている。
ローマKyogen一座の成功を受け、次はプロフェッショナル・レベルでの東西文化融合を目指す。
異なるジャンルの舞台芸術を駆使し、「悲劇」の究極を追求する。

Theatre Project Si - 狂言師とオペラ歌手が演じるシェイクスピアシリーズ - としてシェイクスピア四大悲劇 『ハムレット』 『リア王』 『オセロ』 『マクベス』、に『ロミオとジュリエット』『フォルスタッフ』を加えた6作を、三年計画で上演予定。

2008年6月、第1弾公演として『ハムレット』、11月には第2弾公演『リア王』を上演。

関根勝

関根 勝  Masaru Sekine

関根勝〈早稲田大学国際教養学術院教授〉は、観世流シテ方の四男に生まれ、成人すると10年間能楽師としての稽古を受けた。その後、英国大使館文化部のスカラシップを受け英国に留学。その後英国人と結婚し、英国に在住25年の後、6年前に日本に引き上げる。

関根勝は帰国を期に、舞台上での東西文化融合を目指し舞台活動を開始した。それは、彼の能楽師としての10年の稽古、日・英の大学院での8年の研究、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの演出家・役者・音楽家との交流などにより得た知識・経験がある故に可能となる。

関根は今を遡ること30年前の1977年、英ダーティントン芸術大学で英語劇『隅田川』を演出したのを皮切りに、1986年『The Dreaming of Bones』『錦木』を、1999年には『Riders to the Sea』を、UCDダブリン大学大学院で演出、上演。1999年には英スライゴーのサマースクールで『The Dreaming of Bones』を演出。1998年には、伊ローマ大学の学生と教員を相手に『棒縛り』と『夕鶴』をイタリア語で演出、バチカン近くのTheatre Argylloで上演。

そして、2004年、国際交流基金の派遣教授としてローマ大学ラ・サピエンツァに赴く。そこで出会ったローマ大生たちと、ローマKyogen一座を結成する。自身の翻案狂言『酔っぱらいの仕返し』(原作:シェイクスピア『十二夜』)をローマで上演。好評を博す。同年、来日公演ツアーが実現、国立能楽堂を含む全国8カ所で公演を行った。
翌2005年には、自身の創作狂言『恋の骨折り』を加え、二度目の日本ツアーを敢行、大人気を博した。

2007年6月〜9月には国際フォーラム:狂言とコンメディア・デッラルテの実行委員長となり、これまでの総まとめとして、《日伊喜劇の祭典》を企画。日本各地の能楽堂で、狂言『濯ぎ川』、A・ベオルコ作『Bilora』と、関根による翻案・演出の『いたち』の3本を同時上演した。

そして2008年、これまでの東西文化融合の実験を、さらに先へと進めるため、Theatre Project Si を立ち上げる。関根は、日本の古典芸能である狂言の洗練された演劇性と、西洋で洗練されたオペラの音楽による感情表現の豊かさとを融合させ、シェイクスピアの作品を翻案・演出することで、一国の演劇ジャンルでは表現できない、多様な要素を持つ豊かな舞台の創作を目指す。

トップへ

copyright(C) 2007-2008 by Theatre Project Si. All rights reserved.